鬼魂交換日記


道士ってほんとに弱いかなぁ~?

ん~。どこを見ても[道士は弱い]ってなってるんですよ(*´・ω・)

そこで、なぜ弱いと言われているのか私なりに考えてみました!

道士(扇)育てていて思うんですが、現時点でのLv(高くても50台)ではPvPを満足に行うスキルポイントと鬼力がまだ備わってないんじゃないかと思うんです。そしてこれは武士にも言えるかと…。

刺客は狩りスキル≒PvPスキルなので、狩りするのに必要なスキル上げてれば自然とPvPが強くなっていくのですが、道士と武士は狩りと同じスタイルでPvPしたら劣勢になるのは必然だと思うんですよ。

あ・く・ま・で・も!私個人的な意見なので、「何言ってんだこいつ~」とか思う方もいらっしゃると思いますが、くれぐれも叩かないでくださいね(冷汗

話を戻します。

まず各職業の長所・短所を考えてみます。

・武士
長所…硬い!これは防御力の高さだけを言っているのではありません。武士には[内向豪壁]という素晴らしいスキルがあるじゃないですか!ガード時の吸収率すごいですよ?もちろんスキルLvが高ければの話ですが…。ここの辺りが先ほど言った[備わってない]の根拠になりますね。Lv50そこらで内向豪壁をMAX付近まで上げる余裕はないと思うので…。
短所…攻撃が当てにくい&鬼力が低い。これはわざわざ説明することはないでしょう。

・刺客
長所…攻撃力が高い&比較的攻撃が当てやすい。これも言うまでもないと思います。まさにファイターですね。
短所…体力・鬼力・防御力が低い。これはステ振りで変わってくるので、一般例(活力極)ということで…。

・道士
長所…鬼力が高い=魂血術を用いて体力も高い。さらに[黒視眼]を使えること。ヒョイヒョイ逃げ回りながら攻撃してくる[一本だたら]だと思っていただければよいかと。しかし、現時点では狩りを捨てない限りはLvを上げることはできないでしょう。PvPに勝てないことに早合点してLvを上げてしまうと、狩り効率がガクっと下がってしまいます。私的には[時空換]もPvPにかかせないスキルです。これはLvを高くする必要はあまりないのですが、消耗鬼力が多いためにあまり多用できません。キャラLvが上がって鬼力が増えても、時空換に必要な鬼力は変わらないので今よりも多用できるはずです。最初は軽功にかかる消費大きかったですよね?でもLv40くらいの道士(知極)には痛くも痒くもない出費です。
短所…攻撃力&防御力が低い。これも説明はいらないでしょう。

さて、各職業の長所・短所を並べましたが、つまりアレですね。「何が言いたいのか?」ですよね?(冷汗
言いたいことは、実はすでに言ってます。狩りと同じスタイルで戦っては不利ですよ。ってことです。

例えば武士vs刺客で、お互い攻めに徹した勝負としましょう。

攻撃力は武士≒刺客。防御力は道士の九護防壁がお互いにかかっているとして、撃攻招を使用するので武士<刺客になりますね。体力は武士>刺客。鬼力は武士≒刺客。

上の4つだけを比較すると両者にさほど差はありません。では、どこで差がつくのか?それは攻撃の当てやすさです。爪であれば雷撃針。暗器であれば双鬼刃。特に双鬼刃は現時点で最高の攻撃スキルではないでしょうか?

このままやれば、よほど武士の方のプレイヤースキルが優秀でない限り勝つことは困難でしょう。

そこで内向豪壁を使用してみましょう。武士の体力と防御力の高さがより際立ち、刺客の鬼力が尽きるのが先になるでしょう。ガードがうまくいけばの話ですよ(*´ 艸`)

ちょっと長くなってしまったので道士編は後ほど紹介しますが、なんとなく理解していただけましたでしょうか?攻撃だけが全てではない。私はそう信じています♪

ぁ…。気付けば日記とは呼べない代物に(@TωT@)

すいません。とある掲示板を見ていたらムラムラときたもので(ノ∀`)

foβ2が始まったらちゃんと(?)日記書きますね(*´・ω・)b
[PR]
by nezi_bega | 2006-08-22 11:29 | 螺子の日記

<< 育成法§転職後~Lv26辺りまで§      裏マップ >>

螺子&ベガの交換日記
by nezi_bega
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
    §リンク§
[公式サイト]
・鬼魂公式

[門派サイト]
・天上天下

[情報サイト]
・MMO-Station
・Wiki

[ブログサイト]
・珠洲と鬼魂
・鬼魂 - ただいま扇道士育成進行中 -
・徒然なるは鬼魂





バナー(リンクフリーです)

Copyright (C) 2007 NNG GAMES & MGAME JAPAN Corp. All Rights Reserved.
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧